必ず!赤ちゃんを泣きやませる方法

赤ちゃんを泣き止ませる方法

視覚で泣きやませる

赤ちゃんの視覚に訴えて、泣きやませる方法があります。

サングラスをかける

昔懐かしい伊東家の食卓で紹介されていました。

100%ではありませんが、この方法でほとんどの赤ちゃんが泣き止むそうです。(私自身は試しませんでした・・・)

医学的には「デカラージュ」という現象だそうで、普段と違った景色が目の前に現れるので、何が起こったのかを必死に探ろうとし、泣いてる場合ではなくなるそうです。

ちなみに、この裏技は生後1年未満の赤ちゃんには、あまり効果はないそうです。

(※これは、周りの景色を認識する機能が未発達の為だそうです。)

鏡で自分の顔を合わせる

こちらも、上のサングラスと同じ現象でしょうか。一瞬戸惑い泣き止む場合があります。

ただし、上のサングラスと同じで、生後1年未満の赤ちゃんには効果が薄いと思います。

我が子も、1歳過ぎるまでは、鏡に映る自分の意味が分かってないようでした・・・

携帯で赤ちゃんを撮って見せる

上の2つと同じ理由です。ただ、こちらの方法では、赤ちゃんの記念写真も一緒に残るので、たまにやってみると、赤ちゃんの泣き顔も記念写真に残って良いかもしれません!?

「音」、「行動」、「視覚」何れの方法でも、泣きやまない時は、

<次へ>それでも泣きやまないときは・・・

<<次ページ>> それでも泣きやまないときは・・・