必ず!赤ちゃんを泣きやませる方法
赤ちゃんを泣きやませる方法トップ > 赤ちゃんが泣く主な原因2(不快感) > ママのイライラ(産後うつ)

赤ちゃんが泣く主な原因2(不快感)

ママのイライラ

産後、とても幸せな時期なのに、なぜかイライラしたり不安になったりすることがあります。

そんな出産後すぐの症状は、マタニティブルーズと呼ばれ、マタニティブルーズより重症なのが産後うつと呼ばれています。

ママのイライラを赤ちゃんは敏感に感じ取ります

ママの負担を軽減するために夫が立ち上がりましょう

マタニティブルーズ

妊娠・出産期はホルモンのバランスが急激に変化して体調を崩しやすい時期です。

また急激な生活の変化によるストレスが生じやすい時期でもあります。

そんなホルモンバランス、生活環境が急激に変化する時期に引き起こすのが、軽度の「うつ状態」(マタニティブルーズ)です。

頻度は25〜50%で、お産のあと2〜3日後から起きることが多く、産後3〜5日にピーク。

1週間程度で自然と症状がなくなってきます。

日本人女性でも25〜50%に起きると言われる普通の現象です。

産後うつ

産後うつ病は、発症時期がマタニティブルーズよりも、もっとあとになります。

といっても多くは出産後2、3週間〜3ヵ月の間に出るのですが、少なくとも産後6ヵ月くらいまでは要注意です。

産後の女性の15%前後にみられるといわれています。

産後うつは、マタニティブルーズより重症で、ホルモンバランスの急激な変化の影響に加えて、対人的サポートの少なさに起因することが多いようです。

産後うつとは・・・

  • なんに対しても興味や喜びがわかない

  • 極端に体重が減った(増えた)

  • 眠れない

  • 気持ちが焦る

  • イライラする

  • 疲れる

  • やる気が出ない

  • 集中できない

  • 考えがまとまらない

  • 生きていても仕方がない

  • 以上の項目の中から、5つ以上当てはまり、それが2週以上続く状態を言います。

    そして、「私のせいだ」と自責感・罪悪感に包まれ、訳も分からず涙が出たりします。

    重症になると、何をすればよいか決められない。

    医者に行くべきかどうか判断できない。

    助けて」さえ言えないなど、自分から行動が出来なくなります。

    この時、夫は「どうしたいの?」などと聞いてはいけません。

    それが決められないのです。

    奥さんの様子がおかしいと思ったら、専門家を訪ねて下さい。

    また、夫は「仕事中でもいいから、メールか電話しろよ」と、いつでも心の窓を開けていて下さい。

    それだけで、妻の心は救われます。

リフレッシュタイム

ある育児雑誌の調査で、0〜2歳の子供をもつ読者に、「夫に望む家事・育児項目」を調査したところ、家事、おむつ替え、お風呂・・・などの育児サポートが上位ではなく、

  • 第1位 子供を連れて散歩に行って欲しい(子供と消えて欲しい)

  • 第2位 子供と一緒に留守番して欲しい

  • 第3位 子供の遊び相手になって欲しい

ママはプライベートな時間と空間を欲しいと望んでいます。

人は誰しも、一人でほっと出来るプライベートな時間と空間を欲しいと望むものです。

medium_3055159693.jpg

震災の避難所などで、体育館に大勢でごろ寝するのは、寒さや寝苦しさ以上に、プライベートな空間が確保できないことに心理的ストレスがたまると言われています。

育児真っ最中の妻は、家の中で子供と二人きりの時間がほとんど。妻自身が一人きりになれる時間は先ず確保できません。

眠っていても、子供の命を守る責任を感じている。そう言う重い責任を、24時間一人で背負っている状況は、心理的ストレスを生みます。

仕事に忙しいパパへ・・・毎日は難しくても、週に2時間位は妻のために時間を作ってみませんか?

奥さんが幸せならば、家族全員が幸せになりますよ。

ママは、がんばらない!

ただでさえ、慣れない育児で疲れているのに、その上「赤ちゃんの情操教育のため、相手をしてあげなければ!」などと身構えたら、辛いだけです。

赤ちゃんとの付き合いは、もっと気軽にしましょう。

0〜3ヶ月の時期なら、抱っこしてあげるだけで、赤ちゃんの気持ちにプラスになります。立ち上がって抱っこするのに疲れたならば、座りながらの抱っこでも、自分が寝ているお腹の上に乗せるとかでも良いです。

赤ちゃんがお母さんにくっついていると気持ちいい、と思うだけでよいのですから。

生後1ヶ月位までは、よく泣くので、泣いたら抱っこ、で十分だと思います。

1〜2ヶ月の頃から、だんだん泣かずに起きている時間が増えます。そうしたら、泣いていないときにも、時々赤ちゃんを覗いてみましょう。

まだ意識的ではないのですが、笑うような表情をしたり、あくびをしたり、手足をバタバタ動かしてみたり。中々おもしろい物です。

しかも、毎日観察を続けていると、昨日より今日の方が表情が増えた、手の動く範囲が広くなった。など、変化を楽しむことが出来ます。

カルーイ気持ちで、赤ちゃんを眺めたり、かまったりしましょう。

赤ちゃんが泣き続けてイライラしてきたら、別室に避難しましょう。

赤ちゃんて、何をやっても泣きやまないときがありますよね。疲れている時に、こんな事があると、イライラする事もあると思います。

そんなときは、赤ちゃんの周りの安全を確認した上で(うつぶせ寝はNGです。)少し気分が落ち着くまで、ママは別室に避難しましょう。

と言うと、泣いている赤ちゃんを放って置いて良いのか?と良心を痛めるママもいらっしゃると思います。

しかし、良いんです。

良い親子関係は、お互いの気持ちが良好なときにしか築けないのですから・・・

イライラしたら離れて、気持ちが落ち着いたところで戻ってきて抱っこしてあげる。少しかまってあげる。これで大丈夫。

くれぐれも、我慢しすぎないようにして下さい。

育児ストレスがなくなる「のびのび赤ちゃん育て」 横井茂夫著

<コラム>

「熟年離婚」は夫の育児不参加も遅因

グラフは、結婚後の夫婦の愛情関係を測ったものです。

結婚後、年月が過ぎる中で、夫の妻に対する愛情は、6〜14年経っても結婚時以上に高まり、15年以上でも、高い愛情をキープしています。

経年変化グラフ

ところが、妻の夫に対する愛情は、6〜14年頃から下降線の一途をたどります。

つまり、結婚年数と共に、妻の夫に対する愛情は冷めていくのです。

妻の愛情が冷めていくのは何故か?最初のキーポイントは、「乳幼児期の家事育児参加についての不満」にあるそうです。

核家族で子育てをする時、一番頼りにしたいのは夫。それが満たされなかった時、妻は夫に対して失望し、愛情が冷めていく。

そのことに、夫は気付かないままでいるわけです。

産後間もない時に出来た夫婦の溝がどうなるか。

子供が成人し、子育てを終えた時、すでに愛情が冷めた夫と暮らせないと妻が判断する「熟年離婚」が生まれるのです。

夫は何だかんだ言って、「やっぱり女性の方が子育ては得意なんだって」と「都合の良い情報」を拾ってきます。

ましてや、自分のお母さんは立派に自分を育てた訳ですから、「だってうちの母ちゃんはやったもん」と言うわけです。

それはまさに妻の地雷を踏むというものです。

ご注意を。

はじめて出会う育児シリーズ ペアレンティング・ブック / 妊娠・出産・産後生活で大切なこと